本の神様がいるような気がした日

時に人や何かに出逢い、大きな衝撃を受けることがある。またわからないから知ろうとする内に、どっぷりと魅力にはまることもある。

今週は昔からの馴染みと話す機会が続き、音楽から色彩へ、ノイズとヘッドフォンから哲学と生物学、服から身体拡張と膜と海など隣り合わせにないような事柄を繋ぎ合わせる話の波に乗ることが多かった。
会話の中で思いもよらない話の流れになった時に、私の殻が破れて相手の心が入ってくるような感覚になる。 今日は人を媒介として、本に出逢った少し不思議な日だった。

朝は打楽器とダンスの自主公演に向けてのメールではじまった。それからカフェとホステルが併設しているバイト先へ行き、いつもの様にチェックイン準備をしていた。今日の午後はバイト先の友達とマーケットに行く予定をしていて、カフェでは工場の如く超特急でティラミスやスコーンが作られていた。

午後になりバイクで向かう友達と別れ、バスに乗った時にはマーケット終了二時間前。駅に着いたら友達から間に合わないと連絡があったが、パン屋をやってる友達が出店していたのでそのまま向かった。

会場に着きそうな時に段ボールと籠を抱えた友達が出てきたので、パンが売り切れたのが分かった。娘さんからグラノーラとコーラ味の飴を貰い話していたら、マーケット終了三十分前に。急いで探索して、最後にホホホ座にたどり着いた。ガケ書房の頃から色んな媒体でお見かけしていた。
幾つか並んだ本の中から、西尾勝彦さんの詩集「歩きながらはじまること」が目にとまった。
~風を永遠の音楽に  千年のダンスを踊り続けている~
帯には出会ってしまったという顔をして購入する客が何人もいると書いてあったが、分かるような気がした。

そこから数冊先に又吉直樹さんのマガジン「椅子」が置かれていて、ラジオで又吉さんに薦められていた本が何だったかを伺った。山下さんは他にお客さんがいたのに丁寧に思い出して下さった。
巖谷大四さんの本で、古本屋にあるだろうと教えて下さった。その時に居合わせた女性とケーキを食べたりして、山下さんから素敵なお土産を頂いてマーケット会場を後にした。

数日前にライブをさせて頂いたHawkwindを通り、知恩寺に立ち寄る。お参りして階段を下りたら、戸締りをはじめられ、ギリギリに立ち寄れた幸運を思った。 しばらく歩くと古書 星と蝙蝠の看板を目にして、気付いたら赤い階段を上がっていた。巖谷大四さんの本を探していると告げたら、置いてないけれど善行堂にはあるかもしれないと教えて頂いた。

今出川通りを進み白川通りに出る手前には、昔通っていたバレエ教室があった。懐かしく思いながら歩いていたら、シサム工房というフェアトレードの服と雑貨を扱うお店があった。
お店の方が親切で話していたら、ホホホ座の袋を目にされてマーケット話から美味しい店の話になった。さらに話していると、以前にご一緒させて貰ったミュージシャンの奥さんであることが分かり、なんだか嬉し恥ずかしの気分になって、手を振って下さるのにそそくさと立ち去った。

ようやくたどり着いたら、ジャズが流れていて笑顔の青年がレコードの音について店主と話をされていた。入って右側にいくと世田谷ピンポンズさん関連が目に入り、ちょっと左に行くと夏葉社の本が並んでいた。青年が多分気を使って笑顔でささっと本を買って出られた。
また巖谷大四さんの本を探していると告げたら、右上から左、右下と探して下さった。ついに右側の左奥から巖谷大四さんの「懐かしき文士たち 昭和篇」が発掘された。持っていて探しだした自分を誉めてあげたいと言われたような気がしたので、拍手で喜びと感謝を表明した。 その時にラジオできいたゴッドハンドの持ち主に間違いないと思った。

流れていたジャズはモンクで、又吉さんとの出逢いや京都の本屋、音楽の話など色々教えて下さった。
夏葉社の「昔日の客」の話から、島田潤一郎さんの「あしたから出版社」を薦めて下さった。この本には善行堂の山本さんと夏葉社の島田さんが出逢われた話も書かれている。 好きな本を扱う本屋を生業にしようと思った時に、山本さんは昔日の客を読まれていて、そこから夏葉社での出版に繋がって、又吉さんが話されて、、、と考えたら本の神様という存在がいはるんではないかと思えた。

出逢わなければずっと出逢わないけれど、本を探していると優しい人達が本の価値と本に纏わる物語を伝えてくれて、本以上のものを渡してくれるんだと信じられる一日だった。

また本を読むと、今日を思い出すだろう。

2018年3月4月の予定

2018年3月3日(土)
素敵な音楽家、松川龍太郎さんと神田剛誌さんと共演させて頂きます。トリオは初めてになります。和田さん、Num Bemさんも楽しみです。

「狂人企画vol.137」@京都 元田中 BAR HAWKWIND
open 20:00 start 20:30
charge 1000yen+1drink
[act]
・松川龍太郎+神田剛誌+大歳芽里
・和田史子
・Num Bem
[Time Table]
20:00 OPEN
20:30~21:10 Num Bem
21:20~22:00 和田史子
22:10~22:50 松川龍太郎+神田剛誌+大歳芽里
--------------------
2018年3月28日(水)@西宮市甲東ホール

日本各地での学校公演で子どもたちに大好評・大興奮の「アニマルコンチェルト」、遂に3/28待望の大人公演が決まりました。今は皆で新曲と格闘しています。よろしくお願いいたします。
テーマは 『アニマル/ヒューマン』 「生きる」にまつわる様々な営みにスポットをあてます。
打楽器とダンス。共に体の動きから生まれる二つの表現は、きっと心の深いところをゆさぶり刺激し解放することでしょう。エネルギーに満ちた1度限りの貴重なステージをどうぞお見逃しなく! (小さなお子さまには、昼の部にてワークショップもあります。そちらも併せてオススメです♪)
【ダンス×パーカッション「踊る×打つ」】
~その体から放たれるエネルギーは、あるときは強く あるときは美しく あるときは優しく、互いに呼応し圧倒的な表現となってあなたを魅了する~
子どもたちの心をとりこにするパフォーマンスで数多くの学校公演を重ねてきた『アニマルコンチェルト』が、2018年3月、あらたなるコンサートを決行します。
『アニマルコンチェルト』とは…
業務用音響機器メーカーの最大手であるTOA株式会社が主催する『TOA Music Workshop』のために2012年に結成されたスペシャルチーム。「子どもたちの感性を刺激し創造力や表現力の扉を開く」をテーマに、打楽器音楽とダンスによるオリジナルプログラムを全国各地の学校公演でお届けしている。
[メンバー]
ダンス=大歳芽里、鈴木みかこ パーカッション=辻翔太郎、安永早絵子、安永友昭、山下嘉範
★昼の部
【アニマルコンチェルト ライブ&ワークショップ「みんなでおどろう☆アニマルダンス!」】
開場10:45 開演11:00 (約1時間)
前売り:一般1,000円 / 子ども(0歳から小学生以下)500円 (当日券各500円UP)
全席自由 ※0歳からご入場いただけます。
プログラム→「Opening」「ぞうストレッチ」「とりダンス」「ゴリラダンス」「Run」ほか
★夜の部【ダンス×パーカッション「踊る×打つ」】
開場18:30 開演19:00
前売り:一般2,500円 / 高校生以下2,000円(当日券各500円UP)
全席自由 ※未就学児はご入場いただけません。
プログラム↓
「posse」アニマルコンチェルト作曲
「無伴奏チェロ組曲より プレリュード 」バッハ作曲
「ケトルとバレル」辻翔大郎作曲
「バンリマン・ラムガ」安永早絵子作曲
「TAKE de DON」山下嘉範作曲 ほか
主催:アニマルコンチェルト
協賛:TOA株式会社
制作協力:NPO子どもとアーティストの出会い
西宮市甲東ホール(阪急「甲東園駅」直結)
〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園3-2-29
TEL 0798-51-5144
お問合せ・チケットのお求め
Tel 09015844717
e-mail animalconcerto@gmail.com(アニマルコンチェルト)
--------------------
2018年4月1日(日)【YASU NIGHT 2018】
Pumaでご一緒させて頂いているやすくんの誕生日イベントです。昨日はメンバーのサミュエルさんの誕生日イベントだったのですが、これでもかという位セッションがあり盛り上がりました。本気で祝っているので、また全力になると思います。ぜひ。

act:
Gammal Gran
村島洋一
Puma
◇ OPEN 18:00 / START 19:00
◇ adv.2800 yen + 1drink / door.3200 yen + 1drink
Gammal Gran
ガンマルグラン
〜個性豊かな三人が織りなす、全く新しい”アコースティック・ダンスミュージック”!〜 フィドル野間友貴、オルガン鈴木潤、コントラバス岡田康孝。スウェディッシュ、ブラジリアン、レゲエ、ジャズ、インプロビゼーション…多ジャンルで個々に活躍する三人が、それぞれのグルーヴに惹かれあい、2016年に結成。 現在も並行して各フィールドで活躍する彼らだからこそ奏でられる、ジャンルにとらわれない独自の音楽で、全く新しいダンスミュージックを提唱。 生楽器にこだわった演奏スタイルは、ライブでこそ味わえる、その近距離感が魅力の一つ。 バンドとして、Gammal Granオリジナルのアイデンティティ形成を目指し、日々進化し続ける彼ら。 今後の活動をお見逃しなく!
村島洋一
京都・サモナイタチのGt.Vo.として2006年より始動。 現在ソロ活動中。 また、詩人・chori とのバンド″浮かむ瀬″、詩人・REIJIとのバンド″王国″、Contrabass / Effect ・岡田康孝との村島洋一DUO においても活動中。
Puma
some silent footsteps, not a cat, a wild family , an animal , as pop, organic xp, xxx , a smile step down on the grass, a warm , green smell, in the forest a beast